読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なべとびすこのなすべきこと

やってみたいをやってみる人がウルトラマルチメディアクリエイターを目指すためのブログ。

一歌談欒vol2. 理解できない人は下がって

3番線快速電車が通過します理解できない人は下がって(中澤系)

http://dottoharai.hatenablog.com/entry/2016/10/23/230413


今回も原井さんの一歌談欒企画によせるブログです。ちなみに今回の課題短歌は私が選びました。ということで、


3番線快速電車が通過します理解できない人は下がって(中澤系)


この歌。初めて見たときに、「うわ、なんかすごい」と思ったと同時に、「どういうこと?」という疑問も浮かんだ。
短歌を読んで「どういうこと?」ってなるのはけっこう多くて、そのままスルーしてしまう場合が多々あるけど、これは「なんかすごい」に引きずられて何回も読み直した。

3番線快速電車が通過しますマジ危ないから下がって

とかなら普通に意味がわかるけど「理解できない人は」を入れた途端意味がわからなくなる。

何を理解できないかっていうところがポイントで、読んだ当初の私はなんとなく「死への恐怖」とかかな〜と思ってた。
これだと逆に、死を怖れないひとは下がらなくても良い、ってことになる。なんとなく、そういう意味も悪くないかなと思う。
安易な自殺反対とかより、1つの選択肢として肯定するような歌かな、と思った。

それでもなんとなく腑に落ちなかった私(当時短歌を始めたばかり)は、インターネットやTwitterを使って歌の解釈を検索した。

そのなかでたまたま見つけた以下の感想が忘れられない。
(以下引用)

理解できない人は下がって は、理解できている人は「快速電車が通過します」だけで下がるし、理解できない人もとりあえずは下がれば、全員が下がるという歌と思いました。すごい!

 

えっ、これ正解じゃない?
ってなった。いや、短歌に正解とかないけど、ちゃんと意味は通る。

「電車にはねられれば死ぬから危ない」っていう事実とか常識を理解できてない/知らない人にも下がって欲しい、生きてて欲しいっていう歌。
ポジティブ。なんでこういう風に捉えなかったのかわからないくらい自分の中では腑に落ちてる。中澤系っていう歌人のイメージ(そんなに詳しくないけど)から難しく考えすぎてたのかなって気もする。
この感想がしっくり来すぎて、これ以上の解釈ができなくなってしまった。

誰にも死んでほしくないという願いとか、希望の歌に読める。

ということで今回はほかのみんなの感想を楽しみに待つことにします。