なべとびすこのなすべきこと

やってみたいをやってみる人がウルトラマルチメディアクリエイターを目指すためのブログ。

【レポート】いろんな意味で歌会(2017/9/29開催分)

9月29日は「いろんな意味で歌会」を開催しました。

 

「いろんな意味で歌会」とは、カラオケ×歌会の超即詠企画!
他の人が歌っている間に、その曲から歌詞の単語を拾って詠むというものです。

自分が詠まない単語を使う練習にもなりますし、自分が歌う曲の歌詞をみんなに聞いてもらえる機会にもなる最高の企画です。

 

参加者は5名。私以外はほとんど初心者で、2人は「今日初めて短歌を詠みます」という方でした。

このイベントをやると本当にたくさんの短歌を詠むことになるのですが、その中から自信作を送ってもらいましたので掲載します。(内1名は自信作なし、とのことだったので、今回は掲載しません)

 

※【作者】

 短歌(元となった曲名/アーティスト名)

 の順で掲載しています。

 

【なべとびすこ 作】

とりあえず日々を続ける「退屈」の言葉を脳の辞書から消して(MOTHER/奥田民生

 

ごきげんよう、スーパースター、一般人 あいさつだけが平等な街(オリオンをなぞるUNISON SQUARE GARDEN)

 

さびしさがない夜だった。朝からの延長戦のような三日月(茜色の夕日/フジファブリック

 

しまったしまった島倉千代子 島倉千代子の顔を知らない(茜色の夕日/フジファブリック

 

目にクマを深く積もらせ笑ってたあなたに朝が届きますよう(NEO UNIVERSE/L'Arc-en-Ciel)

 

もっと赤、赤をもっとと叫んでた。君と信号待ちをしていた(くちばしにチェリー/EGO-WRAPPIN')

 

もっと赤、赤をもっとと叫んでた。角を取れないアタック25(くちばしにチェリー/EGO-WRAPPIN')

 

【水斎童子 作】

ユニバースネオユニバース履き替えた革靴かたいなコンバースより(NEO UNIVERSE/L’Arc~en~Ciel)

 

毎日が夏休みならマーベラス星の光よ海よ大地よ(漆黒に躍る弧濁覇王節/ZAQ

 

ミスコンの舞台でニヤリほくそ笑み私以外は全員ゴリラ(私以外私じゃないの/ゲスの極み乙女。

 

きかれてもなにも知らないふりをする飲み会中に消えた一品(糸/中島みゆき

 

【ハイサイ・オ・ジサン 作】

オリオンをなぞるようにあなたと 青春小説のプロットたどる(オリオンをなぞるUNISON SQUARE GARDEN)

 

卒業は おめでとうとは 限らない 夜に消えたアイドル彼女 (ブライマル。/THE YELLOW MONKEY)

 

切れたまま 更新されぬ縦の糸 今の君に巡りは傷い (糸/中島みゆき)

 

青空に誓った 約束消えぬのに 昨日出されたメニューは消えた(MOTHER/奥田民生)

 

スピードと 言えばボディーアンドソウル マックスと言えばバリューのソース  (w-b-x ~w-boiled extreme~/上木彩矢)

 

ピカピカじゃん!雑巾掛けした君褒めたら ピカチュウの真似して滑る (ラメのパンタロンゆらゆら帝国)

 

ルイージ店長 作】

腹話術そんな方法でいいよな人の心が操れるなら(ゴキゲン鳥 〜crawler is crazy〜/SOPHIA

 

生きててよかったと言いながら夜はどこ?探してしまうそれがイヤ(深夜高速/フラワーカンパニーズ

 

意味もなく過ぎてく日々ただただ僕のいる部屋の花も枯れていく(short hair/Base Ball Bear

 

些細だがいつも感じるモヤモヤをブラブラブラ…して解消だ!(ブライマル。/THE YELLOW MONKEY)

 

また、カラオケで歌われた曲リストを載せておきます。

 

f:id:nabelab00:20171009213820j:plain

f:id:nabelab00:20171009213824j:plain

f:id:nabelab00:20171009213827j:plain

 

やってみていろいろ感想をもらったので紹介しておきます。

「自分の好きな曲を短歌にしてもらうと嬉しい!」

「使いたい単語の文字を数えてくっつけたり、ネタがないと歌詞から単語をもらったりできるので、イチから作るより作りやすい」

「短歌を身近に感じた」

 

この「短歌を身近に感じた」っていい感想ですね…。

本当に「短歌やってます」って言うと、難しそうとか言われたりするし、実際「良い歌」を求めたら奥が深いし難しいのも事実ですけど、短歌って「最初のハードルは低い」と思ってます。

ラッパーのR-指定がなんかのインタビューで「ラップは歌が下手でも楽器できんでもできるからハードルは低い」って言ってて、それと同じように、私にとって短歌は「最初のハードルは低い」表現方法だったんです。

 

たぶん、「表現」でないと発散できないことを抱えてる人が世の中にいると思ってて、その発散方法がSNSに愚痴を書くとか、掲示板で悪口書くとか、クレームを言うとかじゃなくて、「表現として昇華」することで解決する人が絶対いると思います。

 

その表現は小説でもダンスでも作曲でもなんでもいいんですけど、やっぱりそれぞれに向き不向きがあるから、「短歌に向いている人」も絶対いるはず。

だから、「表現を必要としていて、まだ短歌を知らないけど、短歌に向いているかもしれない人」っていう、どこに隠れてるかわからないようなターゲットのために、あの手この手でイベント打ったり、カードゲーム(ミソヒトサジ)作ったり、こんな風にカラオケしながら歌会してるんだと思います。

「なんかわからんけど楽しそう」と思って来た人が、短歌を好きになって、いつか自分の短歌に救われるかもしれないという、「かもしれない」に賭けて、いろいろやり続けるしかない気がします。

 

ということで、10月は「短歌カードゲーム ミソヒトサジ」の告知強化期間です。

まず、コンテストを開催します。

10月1日〜31日まで、ミソヒトサジを作ってできた短歌をTwitterにUPするコンテストを行っています。

nabelab00.hatenablog.com

 

それに伴って、イベントがいくつかあります。

10月17日(火)19時半~

名作短歌を生み出そう!ミソヒトサDay!@BOARDGAME.Lab!DDT

中津のボードゲームショップでイベントを行います。進行しますので、会いに来てください。

お店はこちら

www.boardgame-lab.com

 

そして、別の店舗でもイベントをしてくださるそうです。私は行けないのですが、ミソヒトサジを遊びたい方はぜひご参加ください!

10/15(日)、22(日) 『ミソコン』歌会 - Like a Lightning Blog

 

また、今日も「いろんな意味で歌会」があったので、またそれもレポートします。