読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なべとびすこのなすべきこと

やってみたいをやってみる人がウルトラマルチメディアクリエイターを目指すためのブログ。

2/6 ブックポーカーレポート

またレポートが遅くなってしまいましたが、2月6日にブックポーカーを行いました!
定員の8人が集まり、鍋ラボ企画では久々の満員御礼でした。
毎回このくらい集まっていただけるよう頑張りたいですね!
 
今回行ったブックポーカーはツブヤ大学さん考案の本を使ったゲームです。http://univ2289.com/bookpoker)
 
公式ページにも書かれている通り、
「プレイヤー同士が各自持参した本が何かを当て合う」ゲームです。
参加者同士で会話しながら本に関する手がかりを探り、より多く正解できた人がゲームの勝者となります。
 
鍋ラボで行うときはいつも二回戦行います!
 
一回戦は「魅力的な登場人物が出てくる本」をテーマに、小説、漫画、エッセイなど自由に持って来ていただきました。
 
以下、紹介された本です。
『円卓』西加奈子
『ゆるカワweb女子入門書』小野ほりでい
『戻り川心中』連城三紀彦
『砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない』桜庭一樹
 
小野ほりでいの『ゆるカワweb女子入門書』が装丁や帯から異彩を放ちまくっていて、誰がこれを持ってきたのか?と話題になりましたが、私が持って行きました。
場をざわつかせたかっただけやろ!とか言われましたが、私は本当に小野ほりでい大好きなんです。
 
二回戦はテーマ不問で小説を持ってきていただきました。
以下、紹介された本です。
『エンデュアランス号漂流』アルフレッド・ランシング
『ここで死神から残念なお知らせです』榎田ユウリ
『スキップ』北村薫
アレグリアとは仕事はできない』津村記久子
 
質問タイムのときに「その小説を映像化するなら、主人公は誰がいいですか?」という質問が出て非常に盛り上がりました。
その場でパッと浮かばない方もいましたが(私も浮かばなかったし未だに浮かんでない…)、もうこれだけで新しい遊びができそう!という話になりました。今後何かできるか考えてみます。
 
今回はいろんな方が参加してくださって楽しかったです。
ブックポーカー、これまでも何度かやってきてますが、初参加の人が勝つ確率が高いです!
事前に趣味をよく知っていると、「あの人がこの本を持ってくるわけない」とか「あの作家は絶対あの人!」みたいになってはずしちゃうんですよね。
だからこそ毎回新しい人に来て欲しいです!
鍋ラボイベント今後もよろしくお願いしますー。
 
【今後の告知】
3月17日(木)はちみつとフリーペーパーのお店「はっち」さんで私、なべとびすこと深川青さんでフリーペーパーの作り方や作って思ったことなどについて語ります!
ドリンクつきで1000円かかりますが、後悔させない内容にしたいと思っています。
 
3月19日(土)、20日(日)
YUTRICKが東京進出します!
平成元年〜10年生まれの方はぜひご参加下さい!
詳しくはYUTRICKのブログもご覧ください〜。