なべとびすこのなすべきこと

やってみたいをやってみる人がウルトラマルチメディアクリエイターを目指すためのブログ。

せっかくなので「彼女は今日、」の歌詞についてもうちょっと書く

ブログが告知とレポートの繰り返しになってきてもったいない気もしたので、ブログっぽいこと書きます。

 

先ほどのブログに書いた好きな歌詞語る会(

nabelab00.hatenablog.com

)で私が持っていった、the pillowsの「彼女は今日、」の歌詞について詳しく書きます。

というか、さっきの記事に入れたかったんですが、自分が持っていった歌詞だけ詳しく書くのよくないかなと思って簡略化してました。

 

動かないバイクに乗ってトンネルの向こう走る幻を見てた こっそりと

(彼女は今日、/the pillows

歌詞全文はこちら→http://j-lyric.net/artist/a0006c3/l00bad3.html

 大雑把に言えば、自分と彼女の縮まらないどころか遠ざかっていく「距離」を例えたものです。

 

 

自分は動かないバイクに乗っているのに、彼女は走っている=距離はますます大きくなる というだけでなく、自分と彼女の間に「トンネル」まであって、しかも走っているのは「幻」で、それを「こっそり」見てる、っていう何重にもフィルターがかかったような歌詞が切ない!という内容で発表しました。

 

しかし、発表後、歌詞全文を見ると新たな解釈も出てきました。

 

動かないバイクに乗ってトンネルの向こう走る幻を見てた

 

という歌詞は、二回登場します。でも、二回目は「こっそりと」という歌詞はありません。

そして、二回目の前の歌詞は「彼女は今日、」で終わるため、二回目の「動かないバイクに乗っている」のは「彼女」で、他の誰かを見ているのではないか、という説です。

 

自分→彼女→彼女が好きな誰か

 

という構造ですね。でも彼女はその相手を「こっそりと」は見ていないというところにさらなる切なさがありますね…。

 

ただ、二回目の前の歌詞は確かに「彼女は今日、」で終わるんですけど、曲で言うとここで間奏が入るので、本当に次の「動かない〜」とつながっているかはやっぱりわからない気もします。どっちにしても、主人公は彼女に相手にされてない感があるし、彼女はいなくなるしで、何にせよ切ないんですけどね。

 

 the pillowsの歌詞は、自分の気持ちが相手に通じないって内容が多くて切ないです。

あと、歌詞中で犬に吠えられたり、犬にアドバイスされたり、猫がなついてたと思ったらエサほしかっただけとか、人間以外とも心が通じてなかったりします。雨にも降られがちなので天気とも相性悪いです。

 

キャリア25年のベテランバンドなんで、曲数多いし、ハマると楽しいです。

ぜひいろいろ聞いてみてください。