なべとびすこのなすべきこと

やってみたいをやってみる人がウルトラマルチメディアクリエイターを目指すためのブログ。

雑感

歌詞に固有名詞を入れる天才、ZORN

今めちゃくちゃハマってるミュージシャンがいるので書きます。 ラッパーのZORN。 ZORN Official Site – ZORNオフィシャルサイト / 昭和レコード ZORNは、ZONEではない。 君と夏の終わり将来の夢大きな希望忘れないではない。 ※ZONEのsecret baseの歌詞につい…

ボードゲーム最高かよ!!って思った話

珍しく普通のブログっぽい内容。(ほぼ自分語りです。) 私は基本的には短歌の活動がメhttps://nabelab00.thebase.in/items/5804278インなんですが、これまで4つボードゲームを制作してきました。 短歌カードゲーム ミソヒトサジ〈定食〉 | 鍋ラボ【短歌カ…

金田一少年の事件簿 許したくない犯人ランキング

許したくない金田一少年の犯人ランキング 前にも金田一少年の事件簿については書きましたが、 好きな事件と好きな犯人は違うんですよね。 そして、好きな犯人もいれば当然嫌いな犯人もいます。 金田一少年の事件簿、めちゃくちゃ凶悪事件が起こりまくってい…

もう何回見たかわからんMCバトル動画挙げる

先週はゲームマーケット、そして文学フリマお疲れ様でした。なべとびすこです。 そのレポートを書く前に、新幹線で書き上げたブログをUPします。 モーニング娘。の「ザ☆ピ~ス」という曲の歌詞がめちゃくちゃ好きなんですが、そのなかで地味に好きな部分があ…

金田一少年の事件簿 好きな事件ランキング

人生で1番好きな漫画とは別で、人生で1番たくさん読んだ漫画がある。 金田一少年の事件簿だ。なんでそんなに何回も読んだかと言うと、暇を持て余した小学校時代から家にあった漫画だからだ。 巻数を聞けば犯人の名前と動機が言えるほど読んだ漫画だったが、…

滝沢カレンの「あらためましてベーシック国語」が短歌/俳句の回だった

突然ですが、 私は滝沢カレンが本当に好きなので、「あらためましてベーシック国語」というNHKの番組を毎週録画しています。 NHK高校講座 | ベーシック国語 番組の内容は 国語の基礎をあらためて学ぶ、新シリーズの講座バラエティー。滝沢カレン(生徒役)と…

短歌ワークショップネタ1「短歌DJ」

短歌を始めて4年目になりましたが、短歌のワークショップや短歌に軽く触れられるような遊びなんかを色んなところでやってきたので、これまでのネタを少しずつブログで紹介していこうと思います。 短歌のワークショップをやってみたい、アイスブレイクに短歌…

この秋の活動報告

これまで自主企画というか、自分がやりたいことを自分でやる、という形が多かったのですが、この秋は依頼という形で、これまでやってなかったこともできた気がします。 1. 母校の甲南大学書籍部(TSUTAYA BOOKSTORE 甲南大学学友会館)の詩歌の棚の選書を一…

ミソヒトサジ1周年記念コンテスト「ミソコン」優秀者発表!

10月に開催した「短歌カードゲーム ミソヒトサジ」のコンテスト #ミソコン の優秀賞を発表します。 ミソコン 「ミソコン」はざっくり言えば、ミソヒトサジで作った名作短歌をTwitterで発表しよう! なべとびすこと天野慶さんとユキチさんがそれを審査するよ…

歌人は特殊能力者では無いけど

突然ですが、短歌には「詠む」(make)と、「読む」(read)があります。 私はこれまでいろんな企画で、初心者でも短歌を「詠む」ためのワークショップなんかをメインに開催してきました。 「短歌カードゲーム ミソヒトサジ」もそういう意図で作ったものだし…

ワークショップ「もしも短歌が作れたら」で作った小説と短歌(2017年11月ver)

牛隆佑さんが毎月コワーキングスペース往来で行っている短歌のワークショップ「もしも短歌が作れたら」で作った小説の冒頭と短歌を載せます。 以前にもこのイベントで作った小説の冒頭と短歌を掲載しました。 nabelab00.hatenablog.com この「もしも短歌がつ…

あなたの短歌はどこから?

‪私はハルカトミユキから、です。 というか、そもそも短歌を「知った」のは穂村弘さんでもあるんですけど、というか元々はただのほむほむファンなんですが、 歌集をはじめて買ったのはハルカトミユキのライブの物販ですし、最初のモチベーションはハルカトミ…

「即興小説バトル」とかいうめっちゃ面白い企画

明日はホビーボウル企画というものを行います。 http://nabelab00.hatenablog.com/entry/2017/08/14/000929 めっちゃ簡単にいうと、いろんな趣味の人たちで交流しようね、というものです。 10時〜短歌ワークショップ(ミソヒトサジと短歌コラージュ) 12時30…

ここ3ヶ月のイベントレポートと雑記

4月1日の全力日和を機に、一旦活動減速期間に入っておりました。 依頼されたイベントやコラボイベントは行ったものの、完全な自主企画は行わないまま丸3ヶ月がたちました。 ゆっくり休んだので、おかげさまで古畑任三郎シリーズをまとめてレンタルしたり、全…

やりたいネタストック

4月から活動減速期間に入っておりまして、短歌の企画とかグッズ制作などをあまり積極的には行っておりません。 進行役で参加したイベントのレポートは以下からご覧ください。 ★存在しない編集会議https://m.facebook.com/machilibraryadash/posts/1870178993…

文学フリマのことやミソヒトサジのこと

お久しぶりの更新となります。 いろいろやってたのにブログにおこせず、申し訳ありません。 この夏、何をやっていたかと言いますと、9月18日の文学フリマ大阪にて、YUTRICKのブースを出店するため、入稿作業に追われていました。 YUTRICKブースでは以下の作…

「彼はいわゆる辞書歩きをした。」

告知も何も無いブログを書きたいと思ったので、とりとめのない思いを書く。 言葉を超えたい、って思ってる。 言葉を超えてる!って思うときに感動する。 言葉を超えるっていうのは、通常の文章であれば×がつくような、WORDで打ったら波線つけられるような、…

短歌入門書大好き女が「もしも短歌がつくれたら」に行ってきたこと、など

牛隆佑さんの「もしも短歌がつくれたら」に行ってきました。 という話の前に、私は短歌の入門書を読むのが好きです。 「短歌入門書大好き女」なのです。 これまで読んだ入門書はこんな感じです。おすすめの意味も込めて全部あげてみます。 穂村弘『はじめて…

せっかくなので「彼女は今日、」の歌詞についてもうちょっと書く

ブログが告知とレポートの繰り返しになってきてもったいない気もしたので、ブログっぽいこと書きます。 先ほどのブログに書いた好きな歌詞語る会( nabelab00.hatenablog.com )で私が持っていった、the pillowsの「彼女は今日、」の歌詞について詳しく書き…

ジセダイタンカ2016年2月号

NHK短歌テキスト2月号、本日発売です。 ジセダイタンカっていう、次世代を担うイケてる歌人毎月3人載るコーナーに私の作品が載ってます。 短歌7首と、始めて読んだ歌集(ハルカトミユキのボーカルの福島遥『空中で平泳ぎ』)についてのコラムを書きました。…